オンラインカジノ違法性

オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノは違法か?合法か?

初めてオンラインカジノをプレイしようかと思ってる方は不安に思ってると思います。

でも安心して下さい。

海外ではヨーロッパでは4000万人ほどプレイヤーが居てかなり高額な入手金も行われています。

日本でも賭博法があり、実際の金銭のやり取りは法律に触れますが、オンラインカジノは何故、違法ではないと言い切れるのでしょうか?

今回はその点を踏まえ、ご説明しようと思います。

オンラインカジノが合法か、違法かの説明

まず、日本にあるギャンブルと言えば、競馬、競輪、オートレース、トト、パチンコ、スロット等のギャンブルなどがあります。

競馬、競輪、オートレース、トトは券を買わねばなりませんが、パチンコ、スロットなどは店舗に行けば遊べます。

これらは普段意識してないけど、違法とは言われてないですよね?

競馬、競輪、オートレース、トト等は公営ギャンブルの為、政府公認ですが、パチンコ、パチスロはどうでしょうか?

一応、金銭のやり取りは認められてないものの、店の外に行けば当たり前の様に換金所があります。

それらは何故、すぐに捕まらないのでしょうか?

日本の法律は「疑わしきものは罰せず」となっており、すぐに善悪の論理ではないという事です。

かならず量刑に照らし合わせ適法を処さなければ、過剰防衛として扱われてしまいます。

だから、単に「悪い」という事ではなく、そこは人情ですので、全て法律で規制していては他の重大犯罪を犯す危険性があるのです。

この辺は良心の呵責になってしまいますが、悪いことはすぐに罰せられないのが常識です。

しかし、ながら悪いことを放置してると当然、違法性は溜まっていくので、その前によく考えて行動する必要があります。

プレイヤーを捕まえるのなら、胴元も捕まらないと不公平ですよね?

そうです。胴元も違法でやってるところと法律をうまく組み合わせてやってる所があります。

その辺をうまく誤解しないで考えないと、オンラインカジノも「悪いから違法」という固定観念に陥ってしまいます。

オンラインカジノは厳密にはまったくの違法ではありません。

いわゆる「グレーゾーン」って奴です。

これを悪いと見るか正しいと見るかは個人の観点の違いですので、罪と罰じゃないけど、単純な善悪論ではない事はここで明記しておきます。

オンラインカジノは合法か

オンラインカジノは合法でもないし違法でもないです。

オンラインカジノは日本に拠点がありません。

多くのオンラインカジノ業者はカジノを海外に拠点を置いており、日本の法律では裁けません。

海外の人が逆に海外の法律で日本を裁けないように。

だから海外で起こったことは基本、海外の法律で裁かれます。

海外に拠点があるオンラインカジノは日本の法律が適用されません。

海外の法律が適用されます。

だから海外で賭博が合法化されてる所では基本、ギャンブルは合法です。

ただこの辺は常識の範囲内ので、何をやってもいいという事ではないです。

海外のカジノにギャンブル以外で損害を与えることは基本、違法です。

また、日本の法律で賭博法はあるものの「オンラインカジノ」に関する法律はないので基本、オンラインカジノは「グレーゾーン」であり、まだ法律が適用されない所なのです。

とは言え例外もあるのでそれを見ていきましょう。

オンラインカジノが違法となる場合

まず2つの事件を列挙します

2016年2月 NetBanQ事件

これは海外に拠点があったものの、換金が日本国内で行ったため、胴元に家宅捜査が入りました。

運営は海外なものの、金銭のやり取りがギャンブルだとみなされて警察が動いた事件です。

しかし、プレイヤーの逮捕はなかったのですが、賭博罪が適用されました。

2016年3月 スマートライブ事件

これは海外に拠点があったものの、日本人のディーラーがいることが問題視されました。

日本人ディーラーが日本人に日本語でやり取りを行ってたので、日本でカジノをしているとみなされたのです。

逮捕者は3人で、日本人です。

しかし、ながらここに刑法185条と186条があります。

  1. 『競馬などの国で認められているもの以外のギャンブルをすることを禁じる』
  2. 『ギャンブルをする場所を提供することを禁じる』

ではこの事件はどちらに該当したでしょうか?

1.に関してはオンラインカジノに該当する文が無いため、違法とはいえず、

2.に関しては拠点は海外にあるためこちらも違法とは言えません。

問題視されたのは日本人ディーラーが日本語でやり取りしていた事が警察の違法だという認識になったのでしょう。

しかし、ながら警察も「疑わしきは罰せず」なので、実際のギャンブルの現場に踏み込んだわけではないので、3人は略式命令を受けたのですが、一人は命令を不服として裁判で争う姿勢を見せたのです。

その結果どうなったでしょうか?

刑も受けず、罰金も払わず、処罰を受けてません。

一部の日本人の間では警察に捕まったら100%刑罰を受けると思ってる人がいますが、そういったわけでもありません。

この問題、あくまで警察が不当に逮捕しただけで、実際、裁判をすれば違法性無しの無罪放免を勝ち取る事ができるのです。

この点からも日本人は「悪いことしたら捕まる」という固定観念に縛られています。実際は法律という物があって、それらを念頭に起きながら動いてるのに、マスコミの宣伝文句で異様に萎縮してるだけに過ぎません。

警察が本当に御用番なら、パチンコ・スロットで逮捕者が続出してるかもしれませんね。

※現在も、日本語でやり取りできるディーラーがいるオンラインカジノはありますが、日本語を話すディーラーは海外在住者であり、運営元も海外なので、違法性はなく問題ありません。

この点からも、オンラインカジノは現時点では日本では違法ではないと言えます。

オンラインカジノを違法か、合法化を判断する方法

それはライセンス認証機関と第三者機関の有無です。

大手と呼ばれるオンラインカジノはこの両者を兼ね備えてるので、基本的に違法であるとは認識されません。

ライセンスや第三者機関については別の記事で解説しますが、この二つを頭の中に記憶してれば違法性は無いと思われます。

世界には約2,000のオンラインカジノがあり、ライセンスを取得してない怪しい所もあります。

そういったのは論外だとしても、こういった認証機関を受けてない所は遊ばないべきです。

とはいえ、最初は分かりづらいですよね?

私もそうでした。

でも注意深く見れば自分で調べられる範囲なので、オンラインギャンブルを始めようかと思ってる方は是非、覚えておいて下さい。

日本人はとかく違法性のあるものには敏感ですが、社会生活を送る上でそんな制限のある暮らしばかりは楽しくもなんともありません。

生きづらいですしね。

その内法律についても書きたいと思います。

それは別の機会にやろうと思ってるのでこのブログをブックマークしておいてくださいね。

危険なオンラインカジノを見極めるには?

日本に店舗を構えてるオンラインカジノ

俗に言うインカジ、カフェカジノというものです。ギャンブル自体はオンラインカジノなものの、店舗を構えてるだけでアウト。

『ギャンブルをする場所を提供することを禁じる』

に抵触します。

だから店舗に行くことは少なからず自分で確認する事をおすすめします。

日本国内で運営してるオンラインカジノサイトも危険です。

これは日本に拠点があるため、日本の法律が適用されます。

必ず自分で確認しておいてくださいね。

PCやスマホだとどこで海外なのか確認する事は難しいかも知れませんが、その見極め方を次回、確認したいと思います。

オンラインカジノの違法性のネット動画まとめ

こちらをご覧ください。だいたい5分くらいの動画を集めましたので、時間がない方もサクッと見れるはずです。

弁護士の方の解説動画

インフルエンサーの西村博之(ひろゆき)さんの見解

5分でわかる!オンラインカジノって違法?合法?【オンラインカジノ】【法律】【違法、合法】

【衝撃!】ベラジョンカジノは違法?合法?法務省に電話して聞いてみた!【オンラインカジノの危険性】

法律自体成立してないのだから、後は個人の判断によります。

まとめ

どうだったでしょうか?

違法性については、説明しきられておらず、幾分腑に落ちない点があると思いますが、既にオンラインカジノは日本人プレイヤーが沢山います。

また、海外に目を向けてみるとオンラインカジノは世界中にあります。

だって拠点が海外なんですもん。

地方には娯楽が無いと嘆いてる方はこの機にオンラインカジノにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

きっと刺激のあるゲームプレイができますよ。

当サイトでは、

違法性がない安全なオンラインカジノのベラジョンカジノがおすすめです

ベラジョンカジノ公式サイトはこちらからどうぞ↓